HELLO FUTURE

ママ1年生これからの人生探し

出産の心構え

 

産後3ヶ月の新米ママです。

初めての出産、私はなめていました。こんなに大変なことなのかと、身をもって感じました。出産前後で、出産のイメージ大きく変わりましたね。これから出産を控えてる人がいたら、出産ナメると痛いよと言いたいです。

 

出産のパターンって、人によって全然違うらしいです。自然分娩、無痛分娩、陣痛促進、吸引分娩、帝王切開、色々ありますがどんな流れで出産になるのか、それはその時が来てみないとわかりません。出産前に事前勉強したところで、活かされるかどうかもよく分かりませんが、色んな人の経験は知って損はないかなーと思います。

 

私の場合、コロナ禍での出産になりましたが、無事に安産で産むことができました。初めての出産は不安だらけです。出産前後の気になったこと、お話していきたいと思います。

 

 

1.出産予定日すぎる?すぎない?

 

出産予定日とは最終月経から計算された日にちなわけで、あくまでも目安なだけです。切迫早産などで、もっと早く産まれる人もいれば、予定日を過ぎて、陣痛促進したり最終的に帝王切開になる場合もあります。

私の場合は予定日を3日過ぎて産まれました。臨月に入った辺りから、いつ産まれる?ってドキドキしますよね。私は検診に行く度にベビー大きいねって言われていたので、出来れば早めに産まれて欲しいってずっとお腹にも言い聞かせてました。臨月入ってからは、早く出ておいでーって言いながら、夫と毎朝ウォーキングをし、家ではスクワットをしたり、ラズベリーリーフティーを飲んでみたり、陣痛を促進すると言われる色々なことを試しながら産まれる日を待ってました。結局陣痛促進と言われるのをやってみても、効果があるのかどうなのかはさっぱり。助産師さんや先生からは、乳頭マッサージが1番効くと言われたので、お風呂に入った時は必死にマッサージをしました。確かにマッサージしたらお腹が少しキューってなる感じがあったので、それは効果あったかも。結果的には色々試してみても、予定日は3日程過ぎちゃいました。

ちなみに、私の友達も同じ頃にに出産したのですが、その子は予定日より1週間ぐらい早く産んでます。もしかしたら体型とかも関係するんですかね。友達はスリム体型、私はごく普通って感じです。

でも結局は赤ちゃんの好きなタイミングで出てくるんだと思います。いずれにしても最終的にはお腹から出てくる事にはなるので、予定日過ぎようが、気にせずにストレスを溜めずにゆったり構えていればいいってことです。

 

2.破水が先?陣痛から?出産の兆候に気づける?

 

陣痛って経験したことないとどういう痛みがやってくるのか想像できないですよね。規則的な間隔で痛みがくるっていうけど、痛みの強さがどれくらいなのかとか、痛みを感じてもこれが陣痛なのか、いまいちピンと来ませんでした。痛みの間隔をメモリー出来るように陣痛アプリのインストールもしました。痛いかもと思って何度も間隔測ってみて、10分間隔かと思ったら痛み引いちゃったなんて事ばっかり。産婦人科にも何度か電話してしまいました。臨月に入ってからは特にお腹の動きや痛みに敏感になりますよね。多分私だけではなく他の妊婦さん達も同じ様な経験したんじゃないかなと思います。

結局のところ、先に陣痛は来ず、破水が先でした。破水ってわかりやすく出る人もいれば、少量で尿漏れなのかどうか区別のつかない場合もあるみたいです。

私の場合は比較的わかりやすい破水だったと思いますが、タイミング的に違和感に気づいたのがシャワーの後で、シャワーで濡れてるのか破水で濡れてるのか迷いました。でも歩く度に出てくるので、コレはきっとそうだ!と産婦人科に連絡しました。

尿漏れっぽくても、何か違和感を感じるようであればまずは産婦人科に連絡した方が安心ですね。

 

3.陣痛、出産の痛みって?

 

私は破水してから1日たっても陣痛が来なかったので、陣痛促進剤を使いました。子宮口も全く開いてなくて、まずは内服の子宮口を柔らかくする薬を1時間置きに服用。服用してからすぐに痛みがやってきました。

初めの痛みは子宮の収縮する感じが、生理痛の1番痛い時ぐらいの感じでした。私は薬が運良くすぐ効いて、最初から5~10分ぐらいの間隔でその痛みがありました。徐々に強くなってきて、お昼ぐらいにはもう何も食べれないくらいベッドの上で悶えていました。しかし、見に来てくれた助産師さんに、まだまだ序の口と言われて思わず涙が出てきましたね。痛みと戦っているせいで、1時間が3時間くらいに感じました。こんなに痛いのに、その日の目標は子宮口3cm開くこと。薬を飲み終わった後に自然な陣痛が来なかったら今日は産まれない。と先生に言われて先が思いやられました。

ちなみに、無痛分娩しようと思ってる人沢山いると思いますがこれは完全な無痛ではないですよ。子宮口がある程度開いてから麻酔をつかうのでここまでの痛みが思いのほかキツいかもしれませんね。

痛みはどんどん痛く、間隔は短くなっていき、身の置き所がなく悶えてました。目の前にある壁をガリガリしてしまった程です。助産師さんに息を吐いて〜って言われるけど、なかなかそれすら難しいです。

でも痛みの波って不思議なくらいはっきりしていて、治まってきたと思った瞬間にトイレに行く事はかろうじてできましたよ。

分娩室に入る時痛みは数十秒の間隔で、歩かされる時もタイミングを見計らって頑張って行ったけど本当にキツかった。

いきんでいいよって言われてからは、もう全力です。最大級に痛いんだけど、ここは痛みを堪えて頑張れるんです。本当に痛いです。でも、産まれたと同時にスっと痛みが消えました。そう思うとその最大級の痛みを感じるのは全力を出し切れることができれば短時間で終わります。私は陣痛の方が辛かったです。

問題なのは、いきむ時に全力を出す力が残っているかどうか。友達はその力が残っていなくてなかなか赤ちゃん出てこなくて吸引分娩になり苦労したそう。

そう思うと、妊娠期間の体力作りってすごく大切だなと思います。食事をしっかり食べる事、適度に運動すること。陣痛が来てからも、食べられるときには食べとく事。これが全力を出すために重要ですね。

 

4.夫の立ち会いどうする?

 

夫の立ち会いするかどうか、妊娠中にすごく話し合いました。男性の意見として、出産に立ち会った事でパパとしての自覚を持つ事が出来たと言う人もいれば、壮絶で怖気付いちゃう人もいるみたいです。あとは立ち会っても痛みを変わってあげられないし何も出来ないからつらいとかうちの夫は言っていました。

私は夫に立ち会いをしてもらいました。立ち会えるのは分娩のめどがついてからなので、痛みと戦っている最中はひとりぼっちです。助産師さんにそろそろ呼んでいいよと言われて、痛みを堪えながら夫に連絡をしました。

夫が来てから3時間程で産まれたのですが、その時間だけでも私は居てくれて助かりました。背中をさすってもらったり、水分補給を手伝ってもらったり。会話なんて痛くて無理ですけど、横にいるだけで少し安心できました。

分娩室では少し恥ずかしい気もしますね。普段絶対見せないような顔で全力でいきんでる時、夫にはどんな風に見えてたんだろうって。分娩に苦労した友達は、絶対見せたくなかったと言っていました。やっぱりそう思う人もいますよね。

私は一緒に頑張って、出産の瞬間を一緒に立ち会えて、夫の涙を見れたのも嬉しかったです。

人それぞれの考え方次第ですが、私は立ち会い良かったなと思います。

 

 

5.いきんだ時に💩出てきたらどうしよう

 

色々と出産の事調べてると、結構この心配ありますよね。私も心配だったから、いくら陣痛が辛くてもトイレだけは頑張って何度も行きました。特に、夫が立ち会うってなると余計に見せたくないですもんね。

ですが、現実そんなこと気にしてる状況じゃないです。もう、なるようになるしかないと諦めた方がいいです。分娩室でいきんでる時、どっちに力が入ってるのか正直わかりませんでした。仮に出ちゃったとしても、助産師さん達は見慣れてますし、ささっと対処してくれます。

💩出てようがそんなことは気にせずに全力を出し切っていきむことをオススメします。

 

6.会陰切開されるの?

 

会陰切開されるの嫌だなって出産前に思ってて、オイルとコットンで会陰パックをしたり、ケアに力を入れてました。そんな努力をしたりバースプランに会陰切開したくないと書いたりしましたが、結局会陰切開はされます。だいたいの人は切開するそうです。会陰切開しないで裂けてしまうのと、会陰切開をした時の傷の治りは切開した時の方が治りも早いといいます。でも、会陰切開って躊躇なくバッサリ切られるので、出産後は何よりお股がずっと痛いです。トイレの時痛すぎるので、自分用におしりふき必須です。

妊娠中の会陰のケアは意味があったのかはわかりませんが、多少は出産時の皮膚の伸びや、出産後の傷の治りにも影響したんじゃないかなと思います。気になる人はケアしといた方がいいかもしれませんね。

 

7.産まれた時の感動

 

もちろん、こんなに大変な思いをして出産をしたのだから、我が子と出会う感動の瞬間です。ですが、私はそれよりも心配と驚きでした。

まず、産まれた時の声ですが、オギャーっていうイメージがありましたが、実際弱々しい感じでいきなり心配になりました。次に、初めて我が子を抱っこした時、宇宙人にしか見えませんでした。一生懸命産道を通るために、頭が細長くなっていたからです。赤ちゃんらしさを感じず、お猿さんっぽくもなく、完全に宇宙人でした。

想像と違ったから驚きはありましたが、成長と共に泣き声も元気に激しくなってきたし、頭も丸くなってきたので一安心です。

出産直後は感動よりも疲労困憊って感じだったのですが、後からじわじわと出産したんだっていう実感が湧いてきましたね。私はこの喜びを忘れないように、日記をつけましたよー

 

 

出産は10ヶ月もお腹の中で子どもを育てて、やっと我が子に会える素晴らしい瞬間なので、心に残る良き思い出にしたいですよね。

私の体験談ではありますが、これから出産をする人達の参考にでもなれば嬉しいです。

 

f:id:COT:20210925182624j:image

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村