HELLO FUTURE

ママ1年生これからの人生探し

妊娠の壁多くない?

妊娠して色々調べていると良く目にする「〜週の壁」。毎度の妊婦検診の度についつい見てしまいます。今回の壁は乗り越えたっていうホッと安心したかと思えば次の壁を調べてまた心配してるっていう繰り返し。調べなきゃ気にすることはないんでしょうけど、知ってしまったら気になります。一喜一憂しながら乗り越えた妊娠の壁、こんなにあるんです。

 

1.胎嚢確認の壁(妊娠5〜6週)

子宮内に胎嚢が確認できればクリア。子宮外妊娠の可能性はなくなります。

2.心拍確認の壁(妊娠6〜7週)

着床から心拍確認までが流産率が最も高く、大きな壁。ここがクリアできれば流産の可能性が減ります。

3.9週の壁

流産の7割ほどが9週までに起こります。ここを乗り越えれば赤ちゃんが成長する確率は高まります。

4.10週の壁

10週までに胎児が30mmを超えると流産の確率はかなり低くなります。

5.12週の壁

流産の90%くらいはここまでに起こります。12週までの流産はほとんどが赤ちゃんの染色体異常によるものです。12週以降の流産は稀で、これ以降は死産という扱いになります。

6.16週の壁

胎盤が完成します。安定期と呼ばれる時期に突入です。ですが油断は禁物。無理せずに過ごしましょう。

7.22週の壁

22週以降は早産という扱いになります。医療が進歩してきており、万が一産まれた場合は助かる可能性も出てくるようです。

8.24週の壁

胎児が750g以上になっていれば、万が一産まれても後遺症なく助かる可能性が50%ほどになります。

9.28週の壁

妊娠後期に突入。胎児が1000gほどになり救命率が大幅に上がります。生存率が95%に上がり、網膜症のリスクも減ります。

10.30週の壁

胎児が1500gくらいになり、後遺症がかなり減ります。脳性麻痺のリスクも減ります。

11.34週の壁

胎児が2000gくらいになり、肺の機能が完成します。万が一早産だとしても、自力で呼吸ができるようになります。

12.37週の壁

ついに正産期に入ります。もういつ産まれても大丈夫です。

 

私は心拍確認の壁が1番どきどきしました。妊婦検診に行くのが不安で不安で。その後からはひとつ壁を乗り越える度に、よしよしこのまま頑張れって赤ちゃんにも自分にも言い聞かせてました。この沢山の壁を乗り越えて無事に出産できたことは奇跡だなって思います。この小さな命を大切に守っていきたいと強く思います。

 

f:id:COT:20211006000635j:image

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ベルタ葉酸サプリ